2019年2月16日土曜日

果てのファンタジア - howling of guardian - 終演【愛知県 港区】


 photo by いけはら咲

映像と宣伝美術で参加した
「果てのファンタジア-howling of guardian-」無事終演しました。
果てのファンタジアは今回で3作目で、
個々の力が集まるだけでなくコラボになってきたのを感じます。


 photo by いけはら咲

総合プロデュースの吉兼さんと絵本作家のむらかみさんによって紡がれた物語を
絵本形式のパンフレットにして会場でお渡ししました。
大切なものを想う心が描かれたストーリーが
作り手同士を結びつけ導いてくれたように思います。

アーティストひとりひとりが素晴らしくても
それが調和していなければ舞台の感動を観る人に伝えることはできないので
これはとても重要なことだったと思います。


 photo by Kamu

倉地さん、おりはさんの生命力のある踊り。
毛利さん、今枝さん、太郎さんの魂を揺さぶられる歌声。
美しく力強い山内さんのピアノ、美郷さんのパーカッション、Yuiさんのヴァイオリン。
菊地さん、堀さん、高崎さんが心を配りダイレクトに届けてくれる音楽。
世界観に溶け込む則武さんの照明。
演者を引き立てるASUKAさんのヘアメイクと佐野さんの衣装...。
みなさんのクリエイティビティに心打たれます。






 photo by 堀内俊宏


そして私が参加している映像チーム。
前回もご一緒させていただいた山田さん、scottさんに加え、
牛嶋さんに技術協力していただき完成度が上がりました◎
サウンド担当のHIEIさんは音から映像をつくっているので映像班でもあります。

投影機材はプロジェクタ3台、レーザー2台、OHP2台。
オペレーションには私にはわからない機材が沢山(・o・;)
私は本番中はプロジェクタの光が舞台に影響しないよう
プロジェクタのシャッターを開閉する作業を担当しました。
上演中10回くらい開閉しましたが、緊張で心臓バクバクでした。

今回はスクリーンも多様でした。
白紗幕、ジョーゼット、寒冷紗幕、アミッドスクリーン、白スクリーン、ハーフミラーパネル…。
素材の特性を活かした使い方ができると映えますね◎

映像を使用したシーンをいくつかご紹介します。

 photo by 堀内俊宏
音楽に合わせてリアルタイムに映像を生成しているHIEIさん。


 photo by 堀内俊宏
実写や素材を多様に組み合わせた山田さんの映像。


 photo by 堀内俊宏
scottさんはインタラクティブなシーンやレーザー。



 photo by Kamu
いけはらは絵を使ったシーン。
星空に花が咲くところは、大事な存在の幸せを願う餞(はなむけ)なので大切に作りました。


 photo by 堀内俊宏
海月は重要なモチーフでなので、イメージに沿うように試行錯誤しました。


 photo by 堀内俊宏
今回初めて使用したOHPで客席を海の中のような雰囲気にしました。
まさかの電源トラブルも牛嶋さんの尽力で回避できました。


 photo by Kamu
OHPはカーテンコール後の投影にも使いました。
お客さんにも撮影してもらえる時間があって良かったです。


 photo by Kamu

やれるだけのことはやったと3作目にして思えるところまできました。
プロデュースされた吉兼さんを始めとする、
素晴らしいアーティストとスタッフの方々の力の結晶です。

そしてもっと良いものがまだまだ出来ることを感じています。
自分が想像できるものではまとまりすぎているので、
今後も自分の想像がつかないような作品が実現することを期待しています。

もう一度観たいと沢山の方に言っていただいているようです。
また再演か、新作か、ご覧いただく機会がありますように。


チラシやキャスト・スタッフ情報はこちらに載せています。
http://ikeharasaki.com/schedule/schedule.html#201902hatefan

公式のFacebookでは、沢山の写真と詳しい解説が掲載されているので是非ご覧ください。
https://www.facebook.com/Hate-No-Fantasia-213552995380130/


2018年10月27日土曜日

つくしのブックカバー展-布ブックカバー【愛知県】


↑つくしチームの搬入時の写真お借りしました

明日からタカシマヤゲートタワーモールで開催の「つくしのブックカバー展」に参加します。
昨年“紙”のブックカバーで参加しましたが、私は今回“布”のブックカバーで参加です。
今夏のクリマでライブペイントした作品を元につくりました。

ライブペイントの時の様子。[撮影:堀内俊宏]

ライペの後、背景はPCで黒を入れようとは思っていたのですが、
そこに何のモチーフを描くかはずっと決まっていませんでした。

そしてブックカバーをデザインする時期に最愛の愛犬が遠くに旅立ちました。
愛犬の遺品を整理していると、
星模様の首輪や洋服が似合っていたことに気づきました。

そこで愛犬に合いそうなペングラムの星を描き加えました。
自分の中では愛犬との合作で出来た絵です。


自宅で紙に出力してみたサンプル。

1番上が最初に刷ったやつで、原画の向きで作ったら本の表紙と裏表紙の印象が逆だった。
なので左右反転したのが真ん中。
それを微調整して1番下ので入稿しました。

ブックカバー展全体の会期は11/25(日)までですが、
布ブックカバーの作家は前半後半と分かれています。
私は前半なので11/10(土)までの取扱いなのでお気をつけて!

あと紙のカバーと違って、布のブックカバーは各10枚限定なので、
気になった方はぜひお早めにご来場を…。


参加作家や場所の詳細はサイトでご覧いただけます。
http://tsukushi-team.com/event/1384.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「つくしのブックカバー展」
JRゲートタワー8F 三省堂書店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3(名古屋駅より直結)
[1部]10月27日(土)~11月10日(土)
[2部]11月11日(日)〜11月25日(日)
◎私は[1部]での参加

2018年2月10日土曜日

果てのファンタジア - mermaid elegy - 終演【愛知県 港区】


 photo by Kamu

「果てのファンタジア- mermaid elegy -」無事終了しました。
概ね好評いただけているようで良かった。

主役級のキャストが揃っているので
楽しめるポイントがいくつもあるのは当然で。
それらが一つの作品として完成度あるものになるかどうかが
問われるだろうなと感じてました。

プロデュースされた吉兼さんの中にあるイメージには
きっとまだまだ遠くて、
いつかそこに近いところまで辿りつけたら
今回の何倍も良い作品になるんだろうな。

個々の役割をこなすだけでなく
他のアーティストといかにコラボレーションできるか。
舞台を事前に把握してそれに沿ったものを作れるか。とかとか...
とはいっても、自分はまだまだ個人の力を伸ばすことが
優先事項なので地道に努力しないとなp(.. )

映像投影の様子を写真に撮ったけど自分のカメラでは
(というか自分のカメラ知識足りず)
ピンぼけ9割↑なので良いものがお見せできませんが(>_<;)
なんとなくでも伝われば...。


 photo by Ikehara Saki

映像の作り手は3人いましたので、
自分は↑の写真のようなアナログ系、山田さんは実写系、
Scottさんはレーザーとポリッドスクリーンを主に担当しました。
当日の映像のオペレーションは、
自分は舞台の天井に浮かぶ月だけ担当しましたが
それだけでも緊張半端なかった...((T-T))

山田さんの映像からダンサーの礒村さんが出てくる演出シーン。


音楽やキャストとシンクロしながら投影されるScottさんのレーザー。




 photo by Ikehara Saki

↑OPとEDに投影した自分の映像「Stock and Flow」は
ダンサーの加藤おりはさんとピアニストの山内敦子さんが花に包まれているように見えた。
山内さんに映像に合わせてピアノ曲を作っていただきました。
これ以上ないくらい綺麗に響いてた◎
あの音質でこの舞台の曲網羅したアルバム作ってほしいなぁ。

キャストはKamuさんが超素敵に撮られてるのでこちら↓をご覧ください!







 photo by Kamu

今回は紙媒体のデザインも担当しました。
パンフレットは今の自分のスキル精一杯やれました。
舞台設定と、劇中で使用した音楽16曲の紹介と、オリジナル曲の歌詞を掲載しています。

チラシはもっと良いものが出来たはず...
でも何をどうすればいいか至らなかった自分の引き出し不足。
チラシ見ただけで、観劇決めるお客さんができるようになりたい。ならねば。

個人制作では妥協してしまいがちですが、
ハイレベルな人たちと作らせていただくと
自分の力を100%以上出さずにはいられないので
自分を鍛えるまたとない機会になる。
やりたくても出来ない事柄に気づき、
今後の課題が明らかになります。

呼んでくださった吉兼さん、
映像投影でお世話になった山田さんScottさん、
沢山の刺激を頂いたキャストとスタッフの皆様、
ご来場くださったお客様、
相方をはじめ応援してくれた友人知人達。
おかげでなんとかやりきることができました。
ありがとうございました!

チラシやキャスト・スタッフの情報はこちらに載せています。
http://ikeharasaki.com/schedule/schedule.html#201802hatefan

2018年1月21日日曜日

果てのファンタジア - mermaid elegy -

来月2/4(日)開催の舞台「果てのファンタジア - mermaid elegy -」に
映像と宣伝美術で参加しています。

灯台のある港町アムリタで繰り広げられる人間と人魚と月の物語。
役者による台詞がありつつも、
主にダンサーやミュージシャン達の踊りと音楽によって物語が紡がれていきます。

映像は他にも山田サダヲミさん、Scott Allenさんが制作されます。
私は6シーンくらい担当しますが、三者とも作風違うのでお分かりいただけるかと。

第一線で活躍されているダンサーの方々の表現力も是非生で観ていただきたいです。
自分も今年1番の気合を入れて作ってますので、気になったら是非ご覧ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「果てのファンタジア-mermaid elegy-」
2018年2月4日(日)
1st 開場13:00/開演13:30
2nd 開場16:30/開演17:00
[前売 一般] 4,000円
[前売 学生] 3,000円(各回限定30枚、前売のみ)
[当日 一般・学生] 5,000円

チケットのご購入方法
https://www.hateno.com/blank

名古屋市港文化小劇場
名古屋市港区港楽二丁目10番24号
・地下鉄名港線「港区役所」1番出口より南へ徒歩3分
・あおなみ線「稲永」より、市バス幹築地1号系統港区役所行、
高畑13号系統港区役所行「港郵便局」下車すぐ

[特設サイト]
https://www.hateno.com




2017年9月9日土曜日

初心に返る

物事の価値基準が長い年月
制作活動>日常生活になっていた。

良いモノを作るためなら
自分も周りも無理をしてあたり前であるかのように。

作ることは義務ではないし
世の中にしてみれば些末なことだと思っていながら、
作らなければ自己無価値感に苛まれる。



この数年間は環境に恵まれ幸せを感じることができていて。
おかげで今の考えでは頭打ちなのだと気づいてきた。

初心に返るとはよく言ったものです。
私が絵を描き始めたのは生活に楽しみをつくるためでした。
それが今では随分生活が後回しにされている。

世の作品も、楽しむためのものだったのに
自分の作品と比較するものになっている。
自分を生かすには自分自身を追求するしかないのに。

制作優先の意識は当分抜けそうにありませんが、
生活環境を少しずつ整えていこう。
そして生活を楽しむための絵を描こう。


2017年6月28日水曜日

「果樹園」残り2日間【愛知県】

明日、山手カフェに最後の在カフェします。
基本11:00-13:00ですが、席に余裕がありそうなら16:00まで居させてもらうかも。

山手カフェは去年の春にtakinaoさんの展示で初めて訪れた際、
店内の木目やグリーンの色調が好みで今回の展示を決めました。
なので去年の個展「夏季休暇」は空きがあるということで急遽決まった展示なのでした。
当時は新作2点しか描けませんでしたが、日本画材を久しぶりに使う機会となりました(u_u)

映像作品のパーツとして描いた素材に大幅加筆して1枚の作品に仕上げた作品もあります。

「桃の木」

「苺」

絵の前の席にお客さんがいる時は作品に近づけないので、
当初は離れても見やすいようにファブリックパネルを考えていました。
しかし調理のにおいが布に移ることがわかったので断念(>_<)
額装すると光の反射で見えにくくなるのですが致し方なく…。
今後良い展示のアイデアが浮かぶといいのですが。


額装する前の作品達

今回は小品多めでしたし、見づらかった方には申し訳ありません。
それでもお店の雰囲気に合った展示を見れて良かったと、
優しい言葉を色々いただいて有り難うございます。

日本画の岩絵の具は原画でしか伝わらない質感の魅力があるので、
今後の展示で配慮していきたいと思います。

あっという間の2ヶ月でしたが、残り2日間、よろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いけはら咲個展「果樹園」
5月1日(月)~6月30日(金)
11:00~16:00頃まで
日曜定休【臨時休業日あり】

[作家在カフェ予定]
6/29(木)11:00-13:00(延長するかも)

山手カフェ
名古屋市昭和区山手通1-17-1 シャンボール山手A棟101
名古屋市営地下鉄名城線 名古屋大学駅下車 [1番]・[2番]出口より南へ徒歩4分
マンション内 駐車場有
(30分無料 以降30分150円、1000円以上のオーダーで1時間無料)

営業時間中いつでも食べられるランチがオススメ。
自家農園で栽培された、旬の野菜をたくさん使ったメニューが豊富です。
◎カフェスペースでの展示のため、お一人様1オーダーをお願いいたします。

山手カフェFacebook
https://www.facebook.com/yamatecafe

2017年6月21日水曜日

「果樹園」残り1週間【愛知県】

山手カフェでの個展が残り1週間となりました。
明日から22(木)23(金)24(土)と3日間、11:00-13:00に在カフェします!
(22(木)、23(金)は13:00以降もいるかもしれません)

本画を制作する時は、あーでもないこーでもないと
紆余曲折することが多いのですが、
今回はスッと腑に落ちる感じで描けた作品もあります。↓


[葡萄の木]
中性的な色味と濃淡が出せたことで、
描き手をあまり感じさせない自然な距離感を出せた気がする。


[林檎]
染めた背景とモチーフの描き込みのバランスが良い感じに。
なかなか美味しそうな断面になってよかった。


逆に四苦八苦した作品は…↓

[野苺]

[蜜柑の木]
この子たちは色が中々落ち着かなかった上に
試しに薄い紙に描いていたので苦労した...。


1番自分らしいのは↓

[柚子の木]
好き勝手描いてますね(^v^;)


今回いっとう気合入ってるのが↓

[林檎の木]
林檎愛が込められてます。
DMのビジュアルで使用してますが、
原画の発色と質感を是非ご覧いただければ良いな。


「画面の縦横の線は何ですか?」と結構聞かれました。
今回の作品の半数は、
和紙を折って染めてから描いているのでその折り線です。

梅雨の季節柄、雨の日も多くなりますが、残り1週間よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いけはら咲個展「果樹園」
5月1日(月)~6月30日(金)
11:00~16:00頃まで
日曜定休【臨時休業日あり】

[作家在カフェ予定]
6/22(木)11:00-13:00(延長するかも)
6/23(金)11:00-13:00(延長するかも)
6/24(土)11:00-13:00
6/29(木)11:00-13:00(延長するかも)

山手カフェ
名古屋市昭和区山手通1-17-1 シャンボール山手A棟101
名古屋市営地下鉄名城線 名古屋大学駅下車 [1番]・[2番]出口より南へ徒歩4分
マンション内 駐車場有
(30分無料 以降30分150円、1000円以上のオーダーで1時間無料)

営業時間中いつでも食べられるランチがオススメ。
自家農園で栽培された、旬の野菜をたくさん使ったメニューが豊富です。
◎カフェスペースでの展示のため、お一人様1オーダーをお願いいたします。

山手カフェFacebook
https://www.facebook.com/yamatecafe